音楽忘備録

音楽を聴くことしか趣味が無い人の忘備録。大体その日聴いた音楽の感想書きます。

The Beach Boys - 『Pet Sounds』(1966) 感想

 

 

ペット・サウンズ

ペット・サウンズ

 

 

 

ロック史における超伝説的名盤。ローリング・ストーン誌のベストアルバムランキングでもビートルズのサージェントペパーズに次ぐ2位にランクインされているあのアルバムだ。

 

ビーチ・ボーイズのペット・サウンズといえば超弩級の名盤と扱われ、山下達郎など日本のアーティストにも多大な影響をもたらしたアルバムだが、過大評価と言われることも多い。

 

『素敵じゃないか』や『神のみぞ知る』という名曲も含まれている本作だが、ぶっちゃけ後半の方はあんまり記憶に残ってない。普通に聴いたら、質の良いポップアルバムで終わりになりそうな作品だが、これがなぜすごいのか。

 

1966年にこれが作られたと考えると、まあ確かにすごい。一応ビートルズラバー・ソウルは出てるものの、ブライアン・ウィルソン一人のアイデアでレノン=マッカートニーに対抗しえたというのは特筆すべきところだろう。最上級のポップ・ロックとも言われる極上のメロディーに、ブライアン・ウィルソンの深い内的世界を描いた歌詞、そしてビーチ・ボーイズが本来持つコーラス・ワークの上手さ、フィル・スペクターから着想を得た、クイーンのボヘミアン・ラプソディーのような多重録音。良いところを挙げればいくらでも出てくるが、ビートルズに次ぐかと言われると疑問符が付くのもわかる。

 

個人的にはアルバム後半がどうしても退屈に感じられる部分は多少ながらあると認めざるを得ない。歌詞に関しても、メンバーですら歌詞の意味が不明とブライアン・ウィルソンを非難したように、ネイティブでない自分が理解しようとしてもどうしても理解し尽せない領域がある作品なのだろう。このアルバムの真の理解を得ようとすると何年もかかるといわれているが、実際そうだと思う。

 

ただ、A面からB面の最初の『神のみぞ知る』までのメロディーの素晴らしさは言うまでもなく、これがビートルズ以外のグループが出した1966年の作品とは思えない。そこだけでも、高く評価しないといけないポップ・ミュージック史上に残る「芸術作品」だ。

 

ベストトラック:『God Only Knows』、『You Still Believe In Me』

 

9.2点 /10

 


Beach Boys - God Only Knows lyrics (Lyric Video)